ぴあの玉手箱

Mondo Piano Music Journal

喜歌劇《ウィンザーの陽気な女房たち》は、ヴェルディの最後のオペラ作品《ファルスタッフ》と題材は同じです。中学の時にオペラを聴き始めた自分に親しんだオペラでした。運の良いことに(?)ニコライとヴェルディの両方を一月以内か、二月以内かで聴く事が出来たのも作曲家が違うのだから音楽は違っていようとも同じ題材でも違う作品に思えるってことでした。各幕は1時間ほど、更に第1場、第2場と一幕が分かれているので30分ほどで区切りがつくこともエアチェックをカセットテープにしていたので、録音しやすかったという幸いもありました。

Media_httpwwwvolksope_aavoa

 

NHK-FMで2011年5月8日、午後2時から昨年末ウィーン・フォルクスオパーでの上演の録音が放送。

- 海外オペラアワー -

▽喜歌劇“ウィンザーの陽気な女房たち”(ニコライ)

「喜歌劇“ウィンザーの陽気な女房たち”」    ニコライ作曲
(第1幕:51分33秒)
(第2幕:56分42秒)
(第3幕:42分14秒)
ジョン・ファルスタッフ卿…(バス)ラルス・ウォルト
フルート夫人…(ソプラノ)ジェニファー・オーラクリン
ライヒ夫人…(メゾ・ソプラノ)アレクサンドラ・クローゼ
フェントン…(テノール)ダニエル・ベーレ
フルート氏…(バリトン)モルテン・フランク・ラーセン
アンナ・ライヒ…(ソプラノ)アンドレア・ボグナー
ライヒ氏…(バス)マルティン・ウィンクラー
シュペルリヒ…(テノール)カール・ミヒャエル・エープナー
カーユス博士…(バス)マルコ・ディ・サピア
宿屋の主人…ヨーゼフ・プラーメル
ハーゼ…フロレンティーナ・クビツェク
(合唱)ウィーン・フォルクスオーパー合唱団
(管弦楽)ウィーン・フォルクスオーパー管弦楽団
(指揮)サッシャ・ゲッツェル
~オーストリア・ウィーン フォルクスオーパーで収録~  
<2010/12/18>
(オーストリア放送協会提供)

Media_httpwwwvolksope_bgcwd

ChopinMagazine

ローカルのケーブル放送局で音楽番組編成と、番組作成を担当。必要とあれば音響の確認に工事スタッフと一緒に店舗まわりもしました。その際、地域の音楽愛好家と交流。老舗レコードショップから通販サイトを手伝ってほしいと参加したのが WordPress サイト作りの足がかりとなりました。

熊本は雨。『地球が制止する日』なんてSF映画を見たあとには静かなピアノ曲が聴きたくなる。- 『ショパンへのオマージュ、誇り高き魂へ』評価★★★★☆ http://amzn.to/jPgNPk arrow-right
Next post

arrow-left NHK-FMで第1700回NHK交響楽団定期公演を生中継。“頑張れ”コールのような《交響曲第1番》と己を奮起させる《英雄の生涯》をプログラム。
Previous post