ぴあの玉手箱

Mondo Piano Music Journal

癒しどころか皮肉たっぷりで故意にフォルムを崩して発表した「華麗なる円舞曲」を書いた時のショパンは、二十歳。ウィーンの社交界で総スカンを食らったショパンが、パリに移ってまでウィンナワルツが音楽のブームであったことに、気持ちを抑えて『癒しの調べ』を作曲できるものではないでしょう。キャラクターがイメージ通りかも知れませんが、ベートーヴェンは無くした小銭へのいらだちを曲にしています。

Yundi_and_zuohuang_chen_perform_liszt_and_chopin__medici_20110418

ショパンがパリに出て世話をしてくれたのが、シューマン。親友を自称していたリスト。そして管弦楽法の異端児、ベルリオーズと産まれ年は1つずつ違う年子の様な4人組は現代だったら、パンクなロックバンドを結成していたことでしょう。さしずめ楽器の弾けないベルリオーズがヴォーカリストというところかしら。

或いはドラムス担当か。管弦楽の中に多様な打楽器を取り込んだ、粗野なミュージシャン。ガールフレンドを横取りしたリストを良くは思っていなかったというショパン。でも、リストの方がショパンを尊敬して慕っていました。ショパン自身は生涯に公での演奏会を開かなかったけれども、リストが毎日の様にパフォーマンスをしていたからパリ社交界はショパンを慕っていました。それをメディアとしてアピールしたのが年長のシューマン。

昨年生誕200年だったショパンと、今年生誕200年のリストを比較してのユンディ・リの企画イヴェント。インターネット・ライヴは、2011年4月23日 午後8時15分からです。 http://medici.tv/

 

ChopinMagazine

ローカルのケーブル放送局で音楽番組編成と、番組作成を担当。必要とあれば音響の確認に工事スタッフと一緒に店舗まわりもしました。その際、地域の音楽愛好家と交流。老舗レコードショップから通販サイトを手伝ってほしいと参加したのが WordPress サイト作りの足がかりとなりました。

訃報:元「キャンディーズ」の田中好子さん死去 - 昭和の記憶がまた1つ失われた arrow-right
Next post

arrow-left 世界怪談名作集 スペードの女王
Previous post