ぴあの玉手箱

Mondo Piano Music Journal

トムとジェリーはどちらが上手?

弥次さん喜多さん。或いは、八っつあん熊さんといったニュアンスがあるのでしょうか、トムとジェリーと言えばサイモンとガーファンクルが学生時代に名乗っていたコンビ名。そして猫とネズミのトムとジェリーのアニメーション。1932年のアニメーション「トムとジェリー」は、サックス・セールスマンの青年コンビの漫画映画です。ケガをしている飼い犬はスヌーピーに似ているし、ミッキーマウスを思わせるネズミたちも出てきますよ。それにビールを飲む時にアップになった農夫は、ポパイにそっくり。

 

さて、1932年は昭和6、7年。世界恐慌が吹き荒れていました。不況の風は農業地帯でも同じ大変なもので、サックス売りの音楽なんて聴いていられる状況ではありません。でも、どうでしょう。彼らのジャジーな曲は、元気の無かった鶏に卵を産ませ、牛の乳搾りも楽しくします。モーツァルトを聴かせて美味しいトマトを・・・なんてことが、ジャズが産まれたばかりの頃にうたわれていたんですね。

すっかり気分がよくなって農夫にサックスを買ってもらうことが出来たのですが・・・ネズミはどんな最中でもたくましいというお話しでした。

猫とネズミの「トムとジェリー」との関係があったのでしょうか、ヴァン・バーレンのこのアニメーション。1950年代に「ディックとラリー」にタイトルが変わっています。

ChopinMagazine

ローカルのケーブル放送局で音楽番組編成と、番組作成を担当。必要とあれば音響の確認に工事スタッフと一緒に店舗まわりもしました。その際、地域の音楽愛好家と交流。老舗レコードショップから通販サイトを手伝ってほしいと参加したのが WordPress サイト作りの足がかりとなりました。

《SPレコードを聴く》Mozart's Opera: The Magic Flute Overture [1928] arrow-right
Next post

arrow-left 夕焼け [写真と音楽]
Previous post