ぴあの玉手箱

Mondo Piano Music Journal

土曜日の深夜にNHKのBs-hiで放送された「ルツェルン音楽祭2010 アバドのマーラー 交響曲第9番」は、拍手が起こるまで30秒以上は沈黙が続いて誰もがいつ解かれるのか固唾を呑んで観ていたと思います。全曲を終える時にアバドが指揮棒を胸に抱いたままで最後の長い弱音は、既に音には成っていないと思えるのにヴァイオリンの弓もそのまま、戻すまで随分とそのままでした。 http://ow.ly/3ZULm

DVDは輸入盤: Lucerne Festival Orchestra [DVD] [Import]

サンプルムービーはこちらで観る事が出来ます http://is.gd/Vrhc92

以前演奏前の説明とプログラムに拍手を待つようにと成っていた演奏会がありましたけれども、腕を降ろしていたらジワジワと拍手がわき上がっていた事でしょう。

DVDは2011年1月にBlu-rayと、DVDの2種が発売されました。NHKでルツェルン音楽祭が放送される時には、大抵DVD発売から一ヶ月経過する前後ですね。NHKの放送、曲が終わった時点でそのまま放送が終わっちゃうかと思ってましたが拍手が起こるところまで放送されました。 DVDは輸入盤: Lucerne Festival Orchestra [DVD] [Import]

 

ChopinMagazine

ローカルのケーブル放送局で音楽番組編成と、番組作成を担当。必要とあれば音響の確認に工事スタッフと一緒に店舗まわりもしました。その際、地域の音楽愛好家と交流。老舗レコードショップから通販サイトを手伝ってほしいと参加したのが WordPress サイト作りの足がかりとなりました。

ジャズのSPレコードを聴く - お天気鳥/Weather Bird - Louis Armstrong [1928] arrow-right
Next post

arrow-left 【お薦めクラシック番組】NHK-FM「カラヤン&フィルハーモニア管弦楽団の芸術」 2011/2/20 9:00AM OnAir
Previous post