ぴあの玉手箱

Mondo Piano Music Journal

朝から豪快サウンド堪能中です。通常音質盤よりも高品位CD盤の方が、お買い得価格になっています。 試聴は→ http://amzn.to/h26Zip

わたしは現在はブルースペック盤で聴いていますが、限定盤で数が少なくなっています。

録音は1981年で、その後最新のデジタル録音盤も多く出ていますが一皮むけた上品な響きはマゼール盤につきます。音像は少し左により気味に感じられると思います。だとしたらあなたのスピーカーシステムは左右の間隔が狭いんじゃないかしら?

そのままでも大きな音量にしないでもこまやかな楽器の動きは聴き取れますけれども、各楽器が細身に聞こえると思います。録音場所の特徴なので踏み込んだ迫力を楽しみたい時には、スピーカーシステムの左右を若干振ってみましょう。「惑星」と「3つのオレンジへの恋」は同時期のセッションですが、録音スタジオが異なります。スピーカーシステムの癖を知るリファレンスにも成ります。

ChopinMagazine

ローカルのケーブル放送局で音楽番組編成と、番組作成を担当。必要とあれば音響の確認に工事スタッフと一緒に店舗まわりもしました。その際、地域の音楽愛好家と交流。老舗レコードショップから通販サイトを手伝ってほしいと参加したのが WordPress サイト作りの足がかりとなりました。

名盤カレンダー☁2月18日 ホルスト作曲 組曲《惑星》 SP録音で《天王星、魔術師》を聴く http://ow.ly/3YWXd arrow-right
Next post

arrow-left [ライヴの告知]Bass and Voice 天野SHO FULL MOON LIVE
Previous post