ぴあの玉手箱

Mondo Piano Music Journal

旅は必要に迫られない限り、観光旅行はしなかったブラームス。ウィーンからあまり移動していないのかな、と印象があるけれども地図にしてみるとヨーロッパの端から端まで目にしている事になりますね。ヨハン・シュトラウスのように西はスペインから、東はロシアまでとはいかないけれども当時の旅は飛行機で目的地へ行くわけにはいかないから旅の途上で車窓からとはいっても国々の様子、乗客が演奏する地方の音楽を楽しむ事は出来たでしょう。

午後7時からのサントリー・ホールからの生放送は、オール・ブラームス・プログラム。旅の途上で耳にしたメロディーや、リストからもハンガリーの歌を聞いていたんじゃないかしら。律儀なブラームスは《ハンガリー舞曲集》には自作の連番を振っていません。自身のメロディーではないからと言うのでしょう。若い頃はヴァイオリン弾きの友達と、音楽を演奏しながら旅をしたと言いますから民衆の音楽にはしっかりと接していたものと想像できます。そこで今回のN響定期のプログラムを観ていると、どれもリズムが面白い。打楽器も結構活躍しています。ブラームスの音楽は素朴だと表現されるのは、土着の響きが隠れているという事で上品なオブリガートで包み込んだ管弦楽法に誤魔化されて湿っぽい弦楽の調べだと思い込んでいるクラシック愛好家も少なくないのではないでしょうか。

- 第1693回NHK交響楽団定期公演 -        

  1. 「ハンガリー舞曲集から 第17~21番」 ブラームス作曲、ドボルザーク編曲
  2. 「ハイドンの主題による変奏曲 作品56a」 ブラームス作曲
  3. 「ピアノ四重奏曲 第1番 ト短調 作品25」 ブラームス作曲、シェーンベルク編曲

(管弦楽)NHK交響楽団
(指揮)イオン・マリン
~東京・サントリーホールから中継~

ChopinMagazine

ローカルのケーブル放送局で音楽番組編成と、番組作成を担当。必要とあれば音響の確認に工事スタッフと一緒に店舗まわりもしました。その際、地域の音楽愛好家と交流。老舗レコードショップから通販サイトを手伝ってほしいと参加したのが WordPress サイト作りの足がかりとなりました。

名盤カレンダー☁1月19日 チャイコフスキー:交響曲第5番 arrow-right
Next post

arrow-left [バロックの森]最愛王ルイ15世の時代の音楽③
Previous post