ぴあの玉手箱

Mondo Piano Music Journal

宗教曲の月曜日、オーケストラの音楽の火曜日。そして、水曜日の今朝は劇音楽、歌劇の音楽に焦点を当てた「バロックの森 ルイ15世の時代の音楽」です。年代を追って音楽の全容を学ぶのは楽しい事ですけれども、ルイ15世の時代のフランスバロック音楽は多様を極めていました。劇音楽と言っても現代的な歌劇から、歌って踊るミュージカルやボードヴィル・・・歌詞のついたバレエ音楽と言った方が分かり易いでしょうか。

ディヴェルティスマンというジャンルの音楽は当時とても楽しまれていました。今では男女のダンスというと、タンゴやチークといった身体をぴったりと寄せ合って踊ったりもしますけれども、メヌエットと後に言われるようになる貴族の踊りは大きく両手を拡げて踊るもので、手のひらが触れあうぐらいをわいわい、キャーキャーと楽しんでいるものでした。まぁ、当時の女性のドレスは随分と膨らましていましたから近づいたら足を取られそうですね。

バロックの森 -ルイ15世時代の音楽-(3)

2011年1月19日、水曜日 午前6時 NHK-FMで放送。

案内:関根敏子
– ルイ15世時代の音楽 -(3)

 

音楽喜劇“ラゴンドの恋”から 第1幕の冒頭」 ムーレ作曲
(9分28秒)

  • ラゴンド…(テノール)ミシェル・ヴェルシェーヴ
  • コラン…(テノール)ジャン・ポール・フシェクール
  • ティボー…(カウンターテナー)ジル・ラゴン
  • リュカス…(バス)ジャン・ルイ・ビンディ
  • マテュリーヌ…(ソプラノ)ノエミ・リム

(演奏)レ・ミュジシャン・デュ・ルーヴル
(指揮)マルク・ミンコフスキ

<Erato 2292-45823-2> UK盤CD Mouret: Les Amours De Ragonde

 

 

歌劇“プラテ”から」 ラモー作曲
・第1幕第3場 抜粋 ・第1幕第5場 抜粋
・第2幕第1場 抜粋 ・第3幕第3場 抜粋
(17分57秒)


プラテ…(テノール)ジャン・ポール・フシェクール
(演奏)オペラ・ラファイエット
(指揮)ライアン・ブラウン
<Naxos 8.557993> mp3アルバム Rameau: Operatic Arias For Haute-Contre

 

 

歌劇“シルフの王ゼランドール”から
ルベルとフランクールの共作
・序曲 ・第1場 ・第4場の抜粋
(16分21秒)


ゼランドール…(テノール)ジャン・ポール・フシェクール
ジュラン…(バリトン)ウィリアム・シャープ
(合唱、演奏)オペラ・ラファイエット
(指揮)ライアン・ブラウン
<Naxos 8.660224> 海外盤 F. Rebel & Francoeur: Zelindor, roi des Sylphes / Suite from ‘Le Trophee’

 

 

 

 

 

 

 

ChopinMagazine

ローカルのケーブル放送局で音楽番組編成と、番組作成を担当。必要とあれば音響の確認に工事スタッフと一緒に店舗まわりもしました。その際、地域の音楽愛好家と交流。老舗レコードショップから通販サイトを手伝ってほしいと参加したのが WordPress サイト作りの足がかりとなりました。

[今夜のお薦めクラシック]第1693回 NHK交響楽団定期演奏会 NHK-FM 2011/1/19 19:00 放送。 arrow-right
Next post

arrow-left [今夜のお薦めクラシック]インゴ・メッツマッハーのアバンギャルドなプログラム NHK-FM 2011/1/18 19:30 放送。期待度 ★★★★☆
Previous post