ぴあの玉手箱

Mondo Piano Music Journal

壊れかけのラジオ、ならぬ、壊れかけの大ピアニストと言われたホロヴィッツ。バブルの上り坂だったでしょうか、ピアニストの演奏会としてチケット料金は高すぎたかも知れません。ホロヴィッツのマネージメントがどういう要求だったのかは分かりませんけれども、ホロヴィッツ自身のピアノを演奏会場で使用する条件をクリアするために日本招聘側のコストも大きかったことは確かでしょう。

演奏会までの段取りがどうだったのか。老ピアニストの体調がどうだったのか。物珍しい日本の風がどうだったのか。演奏前にインタビューやらプレスやらと、煩わせるものも多かったでしょうね。例え演奏会が夢のごとし上首尾だっても、チケット料金の話題は小さくなかったんじゃないかしら。

日本での最初の演奏会(1983年)は芳しくなかったけれども、しかし、その後のモスクワの演奏会(1986年)の素晴らしさは DEUTSCHE GRAMMOPHON からリリースされたライヴCDに聴く通り。もしかして屈辱をぬぐい去るために気合いも入ったんでしょうけど、素敵な1枚を残してくれたことには感謝を贈ります。ただ気になるのは再び行った日本での演奏会は、高いチケット料金も報いるものになったのだけれども・・・どうだろう。『ひび割れた骨董』をまだ言う人が今だ居るのは、ニュースだけを記憶しているだけで演奏を聴いてはいないのではないのかな。

ホロヴィッツはまだレコードが発売されていない頃からの録音があります。ライヴ演奏が本領を発揮できるピアニストで、時にホロヴィッツ版とも思える演奏もありました。ショパンはそれを喜んでいると思います。「練習曲第8番」は正規盤として3回リリースされています。うち3回目はステレオ、ライヴ録音。それ以前は2度SPレコードになっています。

音源は、1932年11月15日 英アビーロードスタジオでの録音です。

 

  
Download now or listen on posterous

5.08_Etude_#8_in_F,_op10_8.mp3 (1220 KB)

 

ホロヴィッツ演奏のショパン:練習曲第8番のレコード録音歴

Etude in F major, Op.10 No.8

·             January or February 1926(?): M. Welte & Söhne Studios, Freiburg, Germany (Piano Roll) – Intercord: INT 860.864

·             1926(?): Paris Opera, France (Studio) [Silent Movie] – Pirate Recording (Video)

·             March 4, 1930: Liederkranz Hall, New York City, New York (Studio) – Naxos Historical: 8.110696 

·             November 15, 1932: Abbey Road Studio No.3, London, England (Studio) – EMI References: CDHC 63538

·             April 7, 1965: Carnegie Hall, New York City, New York (Studio) – Unreleased

·             April 14, 1965: Unknown Location (Studio) – Unreleased

·             May 9, 1965: Carnegie Hall, New York City, New York (Live)

o            Edited Release: Sony Classical: S3K 53461

o            Unedited Release: Sony Classical Legacy: SK 93023/0930232001

·             March 20, 1983: Academy of Music, Philadelphia, Pennsylvania (Live) – Pirate Recording

·             April 16, 1983: Orchestra Hall, Chicago, Illinois (Live) – Pirate Recording

·             April 24, 1983: Symphony Hall(?), Boston, Massachusetts (Live) – Pirate Recording

·             May 15, 1983: Metropolitan Opera House, New York City, New York (Live) – Pirate Recording

·             May 22, 1983: Ambassador College, Pasadena, California (Live) – Pirate Recording

·              May 26, 1983: Ambassador College, Pasadena, California (Live) – Pirate Recording

·             June 11, 1983: NHK Hall, Tokyo, Japan (Live) – TV Broadcast (Video)

·             June 16, 1983: NHK Hall, Tokyo, Japan (Live) – Pirate Recording

 

 

 

ChopinMagazine

ローカルのケーブル放送局で音楽番組編成と、番組作成を担当。必要とあれば音響の確認に工事スタッフと一緒に店舗まわりもしました。その際、地域の音楽愛好家と交流。老舗レコードショップから通販サイトを手伝ってほしいと参加したのが WordPress サイト作りの足がかりとなりました。

夕焼け [写真と音楽] arrow-right
Next post

arrow-left 噂を聞いたんです。誰も居ない旧校舎でショパンの“別れの曲”が聴こえてきたって... 12の練習曲 Op.10 第3番 『別れの曲』ホ長調 1829年~1832年作曲、1833年出版
Previous post