ぴあの玉手箱

Mondo Piano Music Journal

クリスマスの夜11時(2010年12月25日土曜日)から、フルトヴェングラーのドン・ジョヴァンニがハイビジョン・リマスターでハイヴィジョン放送。オーケストラはウィーン・フィル。1954年のザルツブルク音楽祭での演出、上演を映画にしたもので出来の良さは良く知られた作品。フィルムの劣化か、フィルムをテープに写したものをデジタル・リマスターしたものかカラーのにじみなどはなく鮮明ですが画素数が低い印象があります。

しかし、内容は「ドン・ジョヴァンニ」演出の教科書のようなもので、映画「アマデウス」のドン・ジョヴァンニ上演のステージはそっくり。しかし、映画「アマデウス」での焦燥しきったモーツァルトの表情はフルトヴェングラーは一切見せていません。ともかくもかの世代の男性は生気溢れて体力も充分に備えているようです。オペラ座のオーケストラピットだから、コンサートでの大振りな指揮姿ではなくて顔の表情は変わらなくても眉の表情で音楽に表現をつけています。

映像と音楽、歌声は別々にとられたものを編集で合わせたもののようです。映像での歌手たちの息づかいと歌声には合わないところがあるので演奏場の破綻はなく上質。チェーザレ・シエピのドン・ジョヴァンニは戦後のドン・ジョヴァンニの演技にはない上品さがあります。昭和の時代にはマドロスへの憧れを女性は持っていました。蝶々夫人を引き合いに出すまでもなく、戦争の後、女性の性意識は変わったんじゃないかしら。いや、世間が上手い具合に差し替えてしまったようです。ドンナ・エルヴィラはドン・ジョヴァンニを恨んでるような歌われ方をしていない。貴女はまだ世間知らずだから・・・って、見方が出来るくらい。きっとそれでドン・ジョヴァンニも立ち位置が変わってしまったのでしょう。

ドンナ・エルヴィラを歌う、デラ・カーザのソプラノは出色。流石に現在のソプラノ歌手が忘れてしまった何かがあります。何かって、それは歌声の艶、歌声の表情。演技力の良いソプラノは最近多くなったけれども、歌い方は大時代に戻ろうとしているようですね。

 

..: PRODUCTION :..

Wilhelm Furtwängler – Conductor
Wiener Philharmoniker – Orchestra
Chor der Wiener Staatsoper – Chorus
Paul Czinner – Producer
Deutsche Grammophon – Studio

..: CAST :..

Otto Edelmann – Leporello (Bass)
Elisabeth Grümmer – Donna Anna (Soprano)
Cesare Siepi – Don Giovanni (Baritone)
Dezsõ Ernster – The Commendatore (Bass)
Anton Dermota – Don Ottavio (Tenor)
Lisa della Casa – Donna Elvira (Soprano)
Erna Berger – Zerlina (Soprano)
Walter Berry – Masetto (Bass)

ChopinMagazine

ローカルのケーブル放送局で音楽番組編成と、番組作成を担当。必要とあれば音響の確認に工事スタッフと一緒に店舗まわりもしました。その際、地域の音楽愛好家と交流。老舗レコードショップから通販サイトを手伝ってほしいと参加したのが WordPress サイト作りの足がかりとなりました。

最後のカストラート 曲は、アヴェ・マリア [1904] arrow-right
Next post

arrow-left 12月23日の名曲アルバム きよしこの夜 Silent Night グルーバー作曲
Previous post