ぴあの玉手箱

Mondo Piano Music Journal

バロック音楽ってヨーロッパだけのクラシック音楽だって思っていませんか?曲名は知らなくても《ブラジル風バッハ第5番》のアリアは好きな音楽ではありませんか?モーツァルトのオペラや、ロッシーニのオペラはイタリア語で歌われていてもスペインを舞台にしていたりします。そう、スペインから南米にバロック音楽も一緒に伝わっていったのです。ポテトが南米からヨーロッパに伝えられましたけれども、南米に根付いたバロック音楽の苗もとっても素敵な実りを付けて今に繋がっているのです。そこで1枚お薦めCD。ヨーロッパのバロック音楽と匹敵するほどに奥深いので、手始めにふさわしいです。そして南米の音楽がヨーロッパ・クラシック音楽のエッセンスを受け継いでいることに思いが至ることでしょう。★[CD]ホーリー・アンダンテ ラテン・アメリカ・ボリビアン・バロックの魅力 http://amzn.to/fnaa7d

「古楽」って?…とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、
たとえば教会で聞こえる音楽、たとえばシェークスピアの舞台で聞こえてくる音楽、
その他にも意外に身近なところにあふれています。

NHK-FMでも永きにわたり朝6時からの時間帯に放送してきました。
時代としてはバッハ以前の中世・ルネサンス・バロック時代、日本で言えば、江戸時代より前です。
楽器の構造や発声法などがよりナチュラルなので癒しの音楽としても最適です。
そんなちょっと古い時代の音楽を生演奏なども交えて、わかりやすく楽しくご紹介します。

番組では、みなさまからのリクエストもお待ちしています。
「思い出の1曲」「古楽にハマるきっかけとなった1曲」など、
エピソードと共にリクエストしてください。

ChopinMagazine

ローカルのケーブル放送局で音楽番組編成と、番組作成を担当。必要とあれば音響の確認に工事スタッフと一緒に店舗まわりもしました。その際、地域の音楽愛好家と交流。老舗レコードショップから通販サイトを手伝ってほしいと参加したのが WordPress サイト作りの足がかりとなりました。

[今夜のお薦めクラシック]第1695回 NHK交響楽団定期演奏会〜マーラー没後100年〜 NHK-FM 2011/2/11 19:00 放送。 arrow-right
Next post

arrow-left [Review]グラモフォン誌2011年3月号本日発売:サー・トーマス・ビーチャムの没後50年特集号
Previous post