ぴあの玉手箱

Mondo Piano Music Journal

気ままにクラシック

パーソナリティ:笑福亭笑瓶、幸田浩子 2011年1月24日月曜日、午前7時20分放送。

「歌劇“フィガロの結婚”序曲」 モーツァルト作曲(3分55秒)

(管弦楽)シンフォニア・ヴァルソヴィア
(指揮)エマニュエル・クリヴィヌ
<DENON COCO-70366> モーツァルト:オペラ序曲集より使用。

 

「“無伴奏チェロ組曲 第1番”から“プレリュード”“アルマンド”」バッハ作曲(7分02秒)

(チェロ)ミッシャ・マイスキー
<ドイツグラモフォン UCCG-7065> バッハ:無伴奏チェロ組曲第1&3&5番より使用。

 

「フィンランディア」 シベリウス作曲(9分23秒)

(管弦楽)ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
(指揮)ヘルベルト・フォン・カラヤン
<ドイツグラモフォン POCG-3874> シベリウス:フィンランディア/タピオラ/ペレアスとメリザンド、他より使用。

 

「鐘」 リスト作曲(4分50秒)

(ピアノ)ヴァディスワフ・ケンドラ
<Deutche Schallplatten 25TC-301> うるうるHAPPYクラシックより使用。

 

「菩提樹」 シューベルト作曲(5分38秒)

(テノール)ペーター・シュライヤー
<PHILIPS 28CD-3162> Schubert: Winterreise / Pno Sonata D840

 

▽“名曲温泉”コーナー

「練習曲 嬰ハ短調」 スクリャービン作曲(3分04秒)

(ピアノ)中村紘子
<SONY SRCR-9621> エリーゼのために 中村紘子が選より使用。

 

「歌劇“ベルニーチェ”序曲」 ヘンデル作曲(2分42秒)

(管弦楽)エンシェント室内管弦楽団
(指揮)クリストファー・ホグウッド
<Decca POCL-4785> Canon & Other Baroque Favoritesより使用。

 

▽“私の日本一景”コーナー

「“森の風景”から“予言の鳥”」 シューマン作曲(2分44秒)

(ピアノ)ウラディーミル・アシュケナージ
<Octavia OVCL-00052> シューマン:クライスレリアーナより使用。

 


「“ペールギュント”組曲から“ソルヴェイグ”の歌」 グリーグ作曲(5分10秒)

(ソプラノ)アンジェラ・ゲオルギュー
(ピアノ)マルコム・マルティノー
<LONDON POCL-1809> 世界の歌 夢に来ませ~川の流れのようにより使用。

 

「“ボヘミアの森より”から」 ドボルザーク作曲

  • 糸を紡ぎながら (4分38秒)
  • 騒がしい時 (4分33秒)

 

(ピアノ)ヴィエラ・レイスコヴァー、ヴラスティミル・レイセク
<日本コロンビア COCO-75474> おしどりピアノデュオの録音。1993年7月21日発売で現在廃盤。現在お薦めできるレイセク&レイスコヴァーのドヴォルザークは ドヴォルザーク:スラブ舞曲集 です。

 

ChopinMagazine

ローカルのケーブル放送局で音楽番組編成と、番組作成を担当。必要とあれば音響の確認に工事スタッフと一緒に店舗まわりもしました。その際、地域の音楽愛好家と交流。老舗レコードショップから通販サイトを手伝ってほしいと参加したのが WordPress サイト作りの足がかりとなりました。

2011年1月27日、おはようございます。今日はモーツァルトの誕生日です。 arrow-right
Next post

arrow-left 《バロックの森》フルートが活躍するバロック名曲①
Previous post